黒木ちひろ

Official Site
MENU

2019.2.22

‪2019.2.22‬
‪顔を洗って視線を上げたら、
目の前に小さな石鹸の泡が一つ浮かんでいた。
儚さが私に問う。
「何かを手に入れたつもりか」と。
違う。違うよ。
全てが泡のようだと知っていて、
それを何よりも恐れているだけだ。
ただ、そうだな、そのことに比べれば、
こわいものなど何も無いのかもしれないな。‬



該当の記事は見つかりませんでした。