黒木ちひろ

Official Site
MENU

#悲しい話に

なんだか、悲しいニュースに、悲しい歌に、
いいことばかりじゃなく胸が溢れる夜です。
私が生きていられるのは音楽への愛、
人との間の愛、全て愛があるからだと。
生きる意味など誰にもない、
それでも命を繋ぐのは愛なのだと、
そう歌いたい私としましては、
分からなくなったのです。
.
.
私はいい。私の身近な人たちもいい。
そうじゃなくて、たまたま不運で
愛にまだ出逢えていない人たちがいるなら、
その人たちが目の前に来たら、
どうしたらいいのか、何をすべきなのか。
いま目が曇っているだけならば
それはゆっくり休めばきっと晴れること。
けれどもし、本当に、まだ出逢っていないなら。
.
.
音楽で伝えたい。
私の歌はきっと誰かに届く。
周りの声や反応を支えにどうにかそうやってきているけれど、
きっと私の歌など、届きもしない。
.
.
私は、一対一で深く愛することも、
自分の全てを懸けてあなただけを守ることもできない。
薄っぺらい優しさは、見抜かれるんだ。
.
.
じゃあもう神様どうか愛にあぶれる子どもなんて
最初から一人たりとも出さないでください。
そんな祈りも届かない。
.
.
.
生き延びた人たちへ。
どうか一縷の光を見つけていられますように。
その一瞬。
人じゃなくてもいい、好きなものを見つけて。
それに向き合って。
何かに向かっている人には、人は後からついてくる。
最後の最後、あなたがあなたの心を殺してしまわなければ。
この世界に愛は在る。



該当の記事は見つかりませんでした。