黒木ちひろ

Official Site
MENU

ちがらじ企画スピンオフ 🌸20代だけの春三昧🌸



2018年3月10日(土)
『ちがらじ企画スピンオフ
🌸20代だけの春三昧🌸
若き音楽だから、聞け❗
3・11に向けて
『私達の目で』
地域のこととかも、
ちょっと考えてみない?』

出演:ボイスケ/r*enge/黒木ちひろ/丸山永司

SETLIST
1. calm
2. 叶わぬものの多さを知る
3. The Holy Far Place
4. 雨と星 (Bass:さわひろたか)
5. 呼吸 (Cajon: さわひろたか)
6. 祈りの糸 (Blues harp: 居相毅 Cajon: さわひろたか)



昨日、茅ヶ崎ぱぱっちにてライブ。

ありがとう。

いろいろ、考えた日でした。
ちょっと長くなるよ。でもよかったら、読んで。



ここのところずっと気分が悪くて、考えてた。
自分のダメさについて。
なんで元気でいられないの、
なんで幸福感を感じていられないの、
なんで頑張れないの、
なんでなんでなんでって
苦しいって
ぐちゃぐちゃいらいらもやもや。爆発寸前。

薬を飲まなければならないだろうか、とまで考えた。
でも、私は動きたいのであって、
ぼんやりして動けなくなるのなんて真っ平だ。
薬じゃないんだって。
でもじゃあ何が私を救ってくれるのって。

でね、昨日はライブっていう予定があって
どうしたって行かなければならなくて
でも、それが、
“歌っていいよ”って声だと思った。
そして、それから、思った。

いや私がダメ人間でクズなの、
それずっと昔からそうじゃんって。
そんな私に、歌だけはずっとあったんじゃんって。
あ、私に今できること、ステージで爆発することだけだ、って。

昨日もし、ステージで音楽とすれ違って分かり合えずに
何も成し遂げられず最悪な気分で一日を終えたなら

どうしよう生きていけないかもって
ちょっと思った。

でもやっぱり昨日も音楽はここに
私の中にいてくれた。

私、音楽がなきゃ、なんもない。
希望に満ちて選んできたわけじゃない。
こうするしか、生きることさえどうしようもないんです。
でもこうしてまた、
生きているんです。



“祈りの糸”って歌
すごいよ、我ながら。

2011年3月11日に震災が起きて、
悲劇を映すテレビを見ながら、
あるいは計画停電で真っ暗な部屋にいながら、
一週間足らずで完成させた。
3月18日のライブではもう歌ってた。
そして今でも私の聴いてほしい代表曲に挙げられる。

今誰かとのコラボで一番活きるのは多分この曲だし、
今回も、「おれ、熱くなっちゃったよ」って
サポートのさわさんに言っていただいた。
みんなを連れていける曲。

4年前のZepp Tokyoという、大切な場で選んだのもこの曲。
そのときは、2000人入るでっかいハコでアカペラから始めて、
あのときの最高は、やっぱりこの曲だった。

この歌を歌う場に、私自身が何度も救われてきただろう。
そしてこの歌が誰かの救いになってほしいと、
いつの時も今もおこがましくも思う。



ねぇ、痛いね。
そうだね、痛いよ。

勝てなくて、自分に勝てなくて、負けばっかだよ。
だけど頼むよ私、もう少し。
もう少し、力が欲しいんだ。

どうかあなたに伝えたい。

「握ったその手を離さないで」

津波の中、必死に電柱にしがみついて

生き延びた人のように。



私は、やがてあなたの目に映る光を

魂を懸けて

願いたい。




該当の記事は見つかりませんでした。