黒木ちひろ

Official Blog
MENU
Diary

音楽とワイン

まず、落ち着いているのがいい。
見かけばかりの自己主張が強すぎて煩いのは頂けない。
地に足付いてたくましさがあって、
包み込んでくれるような大らさがあって、
後に残る存在感があるのがいい。



私はそんな人が好みであり、
そんなワインが好みだ。



面白いのよ、ワイン。





元々自他共に認める酒好きの私が
偶然勤務したアルバイト先でワインに嵌り、
半年間死ぬ気で勉強し、こんなことになりました。





JSA認定「ワインエキスパート」。



音楽とワインは似ている。

専門家になるなら相応の知識も必要だろうが
楽しむ分には自由でいい。
良い悪いとお偉いさん方に点数を付けられようとつまりは嗜好品。
自分が「あ、良いな」と思うかどうか。
それがスタートで、ゴール。

面白さは、個性とイメージの世界。
まるで雄大な自然のようだとか、可愛らしいおもちゃ箱のようだとか。
ダンディなおじさまのようだとか、ぶりっ子な少女のようだとか。

そしてそれに裏付けとして少しの知識が加わると、もっと面白くなったりする。
最初は分からなかったことも、慣れてくると見えてくる。
アンサンブルからパートを聞き分けるように
酸味や甘味や苦味や渋味、旨味あるいは雑味、
それぞれの要素がどんな風に重なりを作っているか感覚を澄ますのだ。
(私もまだまだ修行不足だけれど。)

コンサートホールで聴くクラシックのように壮大で美しいワインもあれば
部屋で聴くラジオのように身近で気取らないワインもある。

たかが飲み物でしょ?っていうのを超える何かがある。
不思議なことに



一人の時間も誰かとの時間も、
一味も二味も美味しくしてくれるのよ

そしていい気分になりましょう


音楽と共に、いかがですかワインの世界。


この面白さ、知ってもらうお手伝いができたらいいなぁ




お酒の歌を歌いたいなと思いまして。

これも内緒で茅ヶ崎で歌ったときの。
休止だけどちょこちょこ歌っていたね。

この曲を完成させるのにルーパーが必要で買ったのね

とても楽しい。買ってよかった





2017年4月21日(金)
活動復帰ライブ
@横浜 O-SITE

チケット販売中!
http://studio-paula170421.peatix.com

0421告知



2017年4月5日(水) on sale
黒木ちひろ 活動復帰シングル
『叶わぬものの多さを知る』



好評販売中!
https://studiopaula.official.ec/items/4881370
(オンラインショップからご購入限定!特典DVD付き)



該当の記事は見つかりませんでした。