黒木ちひろ

Official Site
MENU

プロフィール

tane3-1200.jpg

黒木ちひろ Chihiro Kuroki

茅ヶ崎出身・在住のシンガーソングライター。
ギターとルーパー、ピアノの弾き語りを中心に、
生きる痛みや、それを受け容れて進むことを歌う。

うつや不登校に苦しんだ時代を経て、17歳からライブ活動を開始。
2015年に双極性障害と診断され活動休止するも、2年後に復帰を果たす。

2014年、シンガー大会決勝としてZepp Tokyo出演。
これまでに、御茶ノ水KAKADO、四谷天窓.comfort、
下北沢LOFTなどでワンマンライブを行い、
2019年1月には横浜O-SITEにて100名以上動員のワンマンライブを成功させた。
同日「Zepp Tokyoワンマンライブ目標」を公表し、
「クラウドファンディング型ファンサイト【Team Paula】」を発足。

都内や湘南を中心としたライブ、音源のリリースなど精力的に活動中。


Biography/Discography


Biography

2009年
 オンライン上で自作曲の公開を始める。
2010年8月
 ライブ活動を始める。
2011年12月
 1stCD『STARLESS NIGHT』を発売。
2013年8~11月
 天下一音楽会によるトーナメント大会「第1回シンガーガールズコレクション」に参加し、一回戦、二回戦、三回戦全てを一位通過。 2014年1月22日、決勝戦としてZepp Tokyoに出演。
2014年1月
 自主制作映画『あがきのうた』(第26回東京学生映画祭観客賞受賞)に自作曲“朝が来れば”を主題歌提供。
2014年3月18日
 秋葉原DRESS AKIBA HALLにてバースデー初ワンマンライブを行う。
2014年8月12日
 神奈川新聞に取り上げられる。
2014年9月24日
 初ミニアルバム『SMALL WORLD』の発売と共に、半年の間隔にして2度目のワンマンライブを行う。
2015年3月18日
 高田馬場 四谷天窓.comfortにて3度目のワンマンライブを行う。
2015年5月
 多くのイベント出演、企画ライブの主催等を行ってきたがうつ状態の悪化により活動休止。

2016年9月
 JSA認定資格「ワインエキスパート」取得。

2017年3月7日
 音楽プロジェクト/自主レーベル「Studio Paula」設立と共に活動再開。
2017年4月5日
 シングル『叶わぬものの多さを知る』発売。
2017年6月~8月
 下北沢LOFTにて三ヶ月連続企画「泡沫の音」を主催。
2017年10月8日
 下北沢LOFTにて活動復帰後初、4度目のワンマンライブを行う。シングル『呼吸/鱗』を発売。
2018年8月5日
 初のライブアルバム『SWIM UP』を発売。
2019年1月20日
 横浜O-SITEにてアルバム『SEED』レコ発ワンマンライブを行い、100名以上を動員。同日、「2024年Zepp Tokyoワンマンライブ目標」を公表し、クラウドファンディング型ファンクラブ【Team Paula】を発足。


Discography

2011年12月14日 demo CD 『STARLESS NIGHT』
2014年1月22日 Zepp Tokyo limited demo single 『lemon / 種』
2014年3月18日 demo single 『朝が来れば / 小さな世界』
2014年9月24日 mini album 『SMALL WORLD』
2015年3月18日 single 『My unstable life』
2017年4月5日 single 『叶わぬものの多さを知る』
2017年10月8日 single 『呼吸/鱗』
2018年8月5日 live album 『SWIM UP Acoustic Solo Live at Shimokitazawa LOFT』
2018年8月16日 配信限定音源  『宇宙の島 (live 2018)』
2019年1月20日 album 『SEED』



該当の記事は見つかりませんでした。