黒木ちひろ

Official Blog
MENU
Chapter 1 - Diary

お詫びと状況レポ

ゆっくり休んで、と
優しさをたくさんありがとう

だけどゆっくり休んでも解決しないの、と
自分にうんざりしているところ。


2/4のイベントの出演キャンセル、申し訳ありませんでした。


活動を始めて4年半、初めてのことで
私自身とてもショックです。

なんと説明したものかと考えるのも大儀で
「体調不良」と表記させていただきましたが
改めて具体的に申しますと、酷く鬱状態でした。
横になったきり起き上がれず
お風呂にも入れず服も着替えられず
何かしようとすれば泣いて何もなくとも泣いて泣きっばなしで
目がはんぶんくらいになりました

いや軽い鬱なら日常茶飯事なのですが
最近は週の半分以上泣いている気がするし
特にこんなに生活に支障を来すほどなのは珍しく
もしかしてこれ中学生のときくらいに悪いんじゃないのと思う程
ど壺に嵌っておりました。どうしてこうなった?

今は大分落ち着いています。
今日の阿佐ヶ谷Next Sunday、ちゃんと歌います。

もうこんなふうにはなりたくない、というのは
おそらく私が一番思っていることですが
解決策が分からんのです

薬は手元にあれば一日で飲み干してしまうだろうし、
分かりきったようなことしか言わないカウンセリングで
何も変わらないし、
生活改善、意識改善、
頑張りすぎないこと自分を労わること受け入れること
もういろいろ覚えました
それで調子が良いときはバッチリ良いよ、
だけど予測不能原因不明で坂道を転げ落ちるから
もうどうしようもないの
諦めが肝心。そう、諦めね、
それももうやってる。


心配してくれている人を裏切るみたい
ごめんなさい
この減らず口のひねくれ者をつまみ出してくれないかって
私もずっとそう思っているよ


「鬱さえ無ければ私の人生最高なのになぁ」と
しょうもない愚痴をこぼした
誰しもそんなの一つ二つ抱えているものでしょう。
そもそも、鬱が無ければ今の私の人生はないわけで
それ以外満足というなら、それは十分素晴らしいことなはずで


悪い状態のとき私の中にある願い事は
「逃げたい」
ただその一つでした。

少しばかりそこを抜け出した私の願い事は
「穏やかに、坦々と生きたい」
ただその一つ


ごめんね、大丈夫です。
だって音の光も愛の灯も
いつまでも消えてくれないんだもの

だから私はまた泣いて
泣いて
離れられないんだもの



歌おう

1 Comments

まちゃ says..."おだやかでありますように"
鬱も立派な体調不良ですよ。身動きがとれなくなるくらいの状態だったのでしょう。

出演をキャンセルすることすら少し負荷になってしまっているかもしれないのですが、どんなアーティストでもキャンセルというのは起こりうることです。こんなに精力的に活動していて今まで起こっていないあたり、ちひろさんすごいですよ。
2015.02.06 17:21 | URL | #0EfupGF. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。