黒木ちひろ

Official Blog
MENU
Chapter 1 - Heart

7月 short diary

7月2日。
考えてみれば、子供の頃は、「よく生きよう」なんて思わなかったはずよね。「やりたい」と思うことを素直にやっていれば、それがよく生きるといことだったはずよね。なんだ、いつから、生きることは小難しくなったんだ


7月5日。
逃げても逃げても、仲間から執拗に虐められている鴉を見た。羽根が舞った。人間だけが歪んでいるわけじゃない。だけど人間は、その歪みに気付けるはず、それを嫌悪できるはず


ああ、すっきりした。

全ての立場になんて、立てるもんか
全ての責任なんて、負えるもんか
全てのことなんて、解るもんか

あらゆる悲しみも
不条理も
越えて

好きなものを好きであれ
夢を見ろ
祈れ、

祈れ!


7月6日。
「誰に謝ればいいのでしょうね」
と話す私に、

「いいんだよ、誰にも謝らなくて。悪いことなんてしてないんだから」
と笑い飛ばしてくれた彼。

いとも簡単に許された私

最初から信じていた私


7月7日。
大切なのはイメージで
理想を描くこと、それに近付こうと努力すること
だけどもっと大切なのは
それは飽くまでもイメージで
完全にその通りにはなり得ないと理解すること


7月8日。
「生まれ変わろう」と何度も、毎日のように思う、「そう思う私」がいつまでも変わらないまま。

でもきっと悪いことじゃない
今は、もっと、welcomeを示せる人になりたいなぁと思ってるのよ、

それからもっと、pureになりたい


7月9日。
あの人は思い込みで出来てる

という思い込みで私は出来てる


7月10日。
私の言葉を疑う人こそ、私が特に届きたい人、なのかもね


7月11日。
傷付いて、傷付いて、傷付いたあとに
冷たくなるのか温かくなるのか、が
人間の分かれ目かもしれないよ。
どちらもあるさ、道は終わっていないもの
君はどうなりたい


7月12日。
時間に追われるとか、追いかけるとかじゃなくて、時間とは私そのものだと。そう、そういう感じがきっといい


7月13日。
妥協は、ある。
時間もお金も経験も、ない。
だけど、自分がまずわくわくしないようなものは、作りたくない。

デモを聴きながら、にやにやしちゃうようなやつ


7月15日。
あのとき、「助けて」は呑み込んだ
何を求めているのかも 分からなかったから

今、「助けて」を呑み込んだ
何を求めているのか 分かってしまったから


傷付くことを恐れたら 迂闊に揺れなくなった
鈍くなって随分経った


それでも


7月16日。
知りたい は
手遅れ

会いたい が
2ミリくらいズレたの

わかる?


7月17日。
得体の知れない悲しみよりも、明らかなナイフを。
開かれた穴に、音楽を


7月18日。
できない事は尽きない、でもできる事は確実に増えていく。果てしない旅。

とにかく、このミニアルバムを作り終わったら、そのとき私はひとつ成長してるよ


7月19日。
「見守る」ということを疎かにしてはいけない。と、おもう


7月23日。
頑張れなくなったら助けてくれる人がいるから、まだ頑張れるね


7月28日。
とても幸せで、最低な夢を見た。
普段は夢など残らないくせに、鮮明に。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。