黒木ちひろ

Official Site
MENU

荒波の先

「ピンと張った糸は、こうしてすぐに切れてしまうから
 こうやって、少し緩ませるくらいがいいのよ」

と、手近な糸屑を使って話してくれたのは教会のシスター。



生き方が分からず

ピンと張った糸で首を絞めるように

もがく私を助けようとしてくれた。



その想いが分かるようになった今も
何度も崩れることに気付きながら
私は糸を緩ませることができないまま、



生き方が分かりました

ピンと張った糸で首を絞めるように

もがくのが私の生き方。



いつか、軌道に乗ったら
人生が軌道に乗ったら
流れるように、揺蕩うように、
生きれるんだろうか

心穏やかに生きたいな。


だけどそれまでは、
立ち向かっていかなくちゃ

だって逃げたいと心が喚いたって
前も後ろも右も左も
逃げ場なんてないじゃないか


他の生き方なんて知らないじゃないか



私の本当の願いは
生きていく道は


荒波の先へ続いているのが見えるだろ?

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。