黒木ちひろ

Official Blog
MENU
Chapter 1 - Heart

太陽捜し

あのときと一つ違うのは、
私は絶望していないということ。


肌に馴染んだ絶望は
もうそれとは映らない

生き返るべき今日を見過ごして
明日また繰り返すとしても

淡々と最善を捜すのだ
ハードルを地面すれすれまで下げて


転び続ける私を、
私はもう赦してしまっている。


子供のような涙に呆れ果て
引き返すことを選択するだろう

そして二十歳になるの、
なんだか私らしくて悪くない

そう、大したことじゃない

長い連なりに見えても
その隙間でちゃんと太陽を浴びてきた





 太陽が  みえない





永遠を乗り越えた私に
永遠など、

ないということ。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。