黒木ちひろ

Official Blog
MENU
Chapter 1 - Heart

音を立てて崩れたのは 一本の柱
だったようで

心と日々を保つことさえ
少しばかり危なっかしくはなったけれど


どうして「もう駄目かもしれない」なんて
思ってしまったんだろう

これくらいのこと
何度も乗り越えてきたことだろう


積み上げてきた柱は一つじゃない



まだ、諦められないんだろ
体、動くだろ?



動けなかった今日も
ただ生き延びたという事実が

新たな柱となって未来に立つ

私はこんな私でも受け止めて
証明してみせようか



諦めかけていた明日をも取り戻したい


誰かが求めてくれるだろうか

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。