黒木ちひろ

Official Blog
MENU
Chapter 1 - Heart

恥さらせ

音楽を諦めることなど
考えたことがない

それは成功するという自信、じゃなく
どうなっても心中する自棄

私は諦めてここに来たのだから



人に対して言って気付いた

もし私が音楽をやめるときが来るとすれば
それは音楽が無くても幸せにやっていけると
そう思ったときなのか


もしそんな終わりが来るのなら
それもいい

終わりはいつも悲しい色なのに
何故だか少し 安心したの



そのとき私と世界の距離は
ゼロになっているかな

ちゃんと用意されている
終末は

全てに 私の想いにも

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。