黒木ちひろ

Official Blog
MENU
Chapter 1 - Live

ACOUSTIC BATICA

at 恵比寿BATICA、ありがとうございました!


SETLIST
1. 線の街
2. fluffy
3. 朝が来れば
4. 星降らぬ夜に
5. 靴少年とポケット


ここ数日、大きな違和感に苛まれておりました。
現実と自分の間に大きな隙間ができてしまったような
この世界そのものに対する違和感。
前の記事の延長、かも

視界が奇妙に捻じ曲がって、
内側からの濁流に吐き気がするほど。
“私は愛しているのだ”と、言い聞かせなければ
全て忘れてしまいそうなほど。


そんな状態で行き、
そんな状態で歌ってきました。

頭がごちゃごちゃしてしまって
真っ直ぐに歌えていなかったでしょうが、
お聴きいただきありがとうございました。


気付いたこと。

ライブハウスでライブをさせていただいている私が
こんなことを言ってはいかんと今まで言っていませんでしたが、
私はライブハウスでライブを見るのが苦手なんです。
その理由が分かった、意外と単純だった。
人のいるいないに関わらず、暗闇の中で私はたまらなく
独りになるんだ。
夜の帰り道と同じ効果。
自分の内側に溺れて
そのうえ見上げる空も無く、泣くこともできないなんて


瀬里奈さんのピアノが素敵だった。
今日初めてお会いした瀬里奈さんが私の友人の先輩だと知り、
共通の知人トークで盛り上がる。笑



満ち足りたような、足りないような夜
それでも帰り道、音楽を聴いて、独り笑った
世界との隙間が消えていた

ただいま世界

音楽が無ければ生きていけない、というのは
譬えじゃないんだろう
私の立ち位置は、音楽に魅せられた愚か者
海は何度も割れるから
違和感も、抱えて生きてみせましょう

居場所をありがとう

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。