黒木ちひろ

Official Blog
MENU
Chapter 1 - Heart

力不足の愛不足

ふと思い出した夢の話



ある女性が、建物の上に立っている。


その人は現実ではとても明るい人で、
だけど私は少し苦手に思っている人。


夢の中で彼女は、何かにとても疲れて病んでいた。

遠くから建物の上に立つ彼女を見ていて、
そして彼女が今まさに飛び降りようとしていることを知っていた私は
走っていた。叫んでいた。
だけどあと少しで彼女の下まで辿り着くというところで
間に合わなかった。

私が辿り着かなかった場所には他の誰かがいて
彼女を支え、彼女はその後も生きていたけれど
私の声は、結局最後まで届くことはなかった。



たかが夢の話
だけど、もしも、


もしも、私が初めから彼女の近くにいたら、
この声は届いていただろうか。



苦手な人など作らずにいられたら、と思う。

頭では悪い人じゃないと分かっていても、
距離を置いてしまう人がいる。
それも人間としてしょうがないことだとは思うけれど
そんな自分は結局私を苦しめる。
だから、
みんなみんな好きになれたらな。



無理は承知で言ってるんだ。



何もかもを、愛せたらな。

2 Comments

詠山 says..."ちひろちゃんのお心は気高いよ。"
誕生日のお祝いメッセージを、
どうもありがとうね! (人´∀`)

ところで、その夢のお話の件ね。
ちひろちゃんのお考えの趣旨は解るような気がするよ。
そういう風に、博愛の理想と現実のギャップに悩むと
いうのは、ちひろちゃんの愛念の発動で、素晴らしい
ことだと思うよ。

どういう因縁なのかね、何故か反りが合わなくて、
お互いに善人なのに、相性の良くない人って、
確かに居るんだよね。
穿った見方をしたら、その人とのご縁は、自分に
とって、良いものではないよという、潜在意識からの
警告サインかも知れないしね。
お人柄に何か受け入れ難いものがあるなという
拒絶傾向の心象、その自分の抱いた感覚は大事に
した方が良いと思うんだ。

僕はね、本質的に人様の好き嫌いが激しくてさ、
その点に関しては無理をしない方が良いと若き日に
気が付いたよ。
自分の心情に反して、理念としての博愛主義的な精神を
発動させると、どうしても無理が生じて、結局は破綻
することが多いんだ。
自分の心情に正直でないと、感情面で偽善的な無理が
生じることに成り兼ねないもんね。
ちひろちゃんの豊かな愛念は、注ぐべきご縁のある
人々に燦々と降り注いで上げれば良いんじゃないの
かな。
 
ちひろちゃんがこの記事のテーマ「力不足の愛不足」と
いうことを自覚的に思惟するのは、それはそれは
素晴らしい精神の発現だと思うよ。
ちひろちゃんはまだ若い木の実のように、考え方に
固さがあるから、これからの日々の中で更なる成熟を
遂げたら、もっと広い範囲の人々に、ごく自然に
アガペーの愛を降り注げるように成って、和気藹々と
した関係性を沢山築いて行けるようになるだろうと
思うよ。
ちひろちゃんのお心は気高くて、実に立派だよ。
2012.03.05 07:12 | URL | #BFBtQilo [edit]
ちひろ says..."> 詠山さん"
いえいえ、おめでとうございます!

ありがとうございます。
縁が良いものではないというのも、そうかもしれませんね。
私も、このままでは心の健康を保てなくなる、という予感がしたときには
諦めて距離を置いてしまいます。
でも関わらざるを得ない人にそういう思いを抱いてしまうと
辛かったりもしますね…苦笑
まあそれは社会では仕方の無いことでしょうか。。。

まずは、愛を注げる相手にたくさん注いでいくことなのかもしれないですね。
ありがとうございます*
2012.03.05 22:05 | URL | #E/bIb4qs [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。