黒木ちひろ

Official Site
MENU

2019.10.15

2019.10.15
もう立ち上がれると思った日のことを、憶えてる。
それがまた打ち砕かれた日のことも、
自分の人生はもう終わったと思った日のことも、
それから、失うものはもう無いからどこまでも行けると思った日のことも。
全部憶えてるから強さでもあって、
それは未だ恐怖であることも、自覚はしている。



該当の記事は見つかりませんでした。