黒木ちひろ

Official Site
MENU

2019.9.8

2019.9.8
立ち上がろうと奮起して、
失敗して転ぶ。
手が震える。足を揺らす。
何より脳が縮んでいくような、
なのに暴れ回るような、
呑み込まれそうな波がこわくて
声を出して紛らわす。
身体は、すべて心の望むままになどなってくれない。
それもまた、自然の一部としての姿なのだと。



該当の記事は見つかりませんでした。