黒木ちひろ

Official Site
MENU

2019.7.9

2019.7.9
終わりというものが
平然と脇にいるのを感じるもので、
その時が来たらきっと
平静ではいられないのかもしれないけれど。

だからこそ今は粛々と
ただ事を進めていようと

そうも思えるってもんでしょう。



該当の記事は見つかりませんでした。