黒木ちひろ

Official Site
MENU

『SAWAS食堂 Music Live "黒木ちひろ & 保刈あかね"』

2020.2.13 @藤沢 SAWAS食堂
ありがとうございました


SETLIST
1.鱗
2.獣道
3.lemon
4.よるびらき
5.箱庭
6.蝶々
7.宇宙の島
8.No Woman No Cry (Bob Marley & The Wailers)

EC 新世界ワインのうた

EG サポート:オオハシヒロユキ



シェーカーのオオハシさん。


私のお客さんにあかねさんを聴いてもらったのも嬉しいし、
あかねさんやあかねさんのお客さんに私を観てもらったのも嬉しい。


“根暗”の日、なんて冗談半分に言ったりしたけれど、
ただ暗い歌に連れ立って、堕ち続けたいわけじゃない。

大丈夫だって聴きたいし、
大丈夫だって届けたい。
その言葉は、影があるほど厚みも増すから、
根暗の人が好きという方向に行きがちなだけで。


あかねさんから大丈夫ってメッセージを受け取ると
泣きそうになる。
あかねさんの歌を聴いている時間がとても好き。


この夜を共に過ごし支えてくださったみなさま
本当にありがとうございました。










200213



『アコースティックで素敵な夜を』

2020.2.8 @高円寺ALONE
ありがとうございました

SETLIST
1.鱗
2.獣道
3.箱庭
4.My unstable life
5.STARLIKE
6.宇宙の島
7.calm

EC1.lemon
EC2. 新世界ワインのうた


Moekoさん、葉下桃真子さんの演奏も、いい刺激になったから。

ALONEという孤独なステージで、
私は筒になることを目指せました。

飲み屋ライブとかスタジオライブとか、
みんなを置いてけぼりにしないステージのやり方にも大分慣れてきたと思うのだけれど、
結局やっぱり孤を、個を突き詰めるものこそ、
ほんとうなのかもしれない。

まさえさん企画。
イベントを組むだけならまぁ、誰にでもできたりするけれど、
まさえさんはしっかり声掛けをしてくださるので、
そのおかげで会えた方もいて、とても有り難いです。
ありがとうございました。


4/26下北沢ワンマンで、また待ってます。





200208.jpg


新世界ワインのうた


2020.1.12 初披露@茅ヶ崎LUSH LIFE


新世界ワインのうた / 黒木ちひろ


グラスの向こうが見えない深い色
逞しい赤の New world

みんな 前ならえ じゃ
つまらないから
新たな道を切り拓け

ワインのボトルが空いたら
もうこんな時間
余韻が残る舌の上
どうしよか もう一本


グラスに注がれて騒ぎ始める
賑やかな白の New world

堅苦しいことはいらないよね
「          」

ワインのボトルが空いたら
もうこんな時間
酔いが回る 目が回る
まっすぐ 歩けない

ワインのボトルが空いたら
もう帰る時間
余韻が残る胸の中
ありがとう また会おう




『Festa del sol vol.17』

2020.2.2 @藤沢 太陽ぬ荘スタジオ
ありがとうございました

SETLIST
1.calm
2.箱庭
3.鱗
4.宇宙の島
5.祈りの糸
6.HURT

EGサポート:オオハシヒロユキ


複数の部屋を使ったフェスだったので
見れなかった共演者さんが多いですが、
お話していただいたり楽しい時間をありがとうございました。

太陽ぬ荘の人、みんな愉快でいいな。
よく飲んだ。


聴いてくださった皆さま、ありがとうございました。

今回は、写真がたくさんです。


w/ 小宮沙也佳/中村さん/meVSmyself/two/ゆすんとあにき/TRIPPA/noctiluca/STREAM/小林夕夏/JIK×EIJI


▼photo: Takenouchi Kenichi

tiidanu20200202.jpg

AOZ_5988.jpg

AOZ_6005.jpg


▼photo: Ken

83998654_165993844841338_3178309136576151552_n.jpg

84482304_215757652796380_1798548199791656960_n.jpg

83700052_3373580669337017_6392160596405518336_n.jpg


▼photo: 中島宏一

84300893_2792115607537648_8852190895731113984_o.jpg

83916728_2792115554204320_3497115638311157760_o.jpg


第5弾

タイスケ



該当の記事は見つかりませんでした。