黒木ちひろ

Official Blog
MENU
Chapter 1 - Diary

Tapという場所

Tap yokohama という場所で
毎月ライブをしていました


という事後報告。



今年の2月、自分のギターの下手さに辟易し、
上達のためとにかくステージをこなそうと
気軽にできそうな場所を探して見付けたお店。

初めて行ったときはオープンマイクに参加したのだけれど
その後3月からは「Start Up!」という若者応援企画イベントに 月1回

お客さんに見せるためのライブではなく、
その前段階としてやりたかった ので
申し訳無いけれど、
友人や音楽関係の人にだけ声を掛けてやっていました。


でも来年からはね、ちゃんと告知もしてやっていきたいなぁと
思っていた
矢先

Tapさん、今年いっぱいで閉店だって。


とても明るくて賑やかで、面白いお店なんです。
出演アーティスト達がお互いにお互いを盛り上げ
スタッフさんも一緒に楽しみ
そして多分いつも、マスターがいちばんノリノリ
ママが後から、たくさん褒めてくれる
そんなお店。

私はふらっと行って、気負わずふらっと歌った。
たくさん笑って、眩しさの中でたまに沈んだ。


12月5日、水曜日。
私の、10回目にして最後のStart Upです。
ドリンク付き1000円、出番は21:10~21:30。

私がどんな場所で笑ったり、沈んだりしていたのか
よかったら見にいらしてください。

予約はいらないですけど、突然だと驚きます。笑
あ、ライブの後には、多分今回も恒例で
誰でも参加できるセッションタイムというのもありますよ。



私が初めて行ったときからスタッフとして働いていた
松田沙季さんが、この前動画を録ってくれたの。
私の初YouTube!ありがとうございます!

この日は、さきさんと久しぶりに会う日で、
さきさんがずっと好きだと言ってくれていた“蝶々”という曲をやった。

MCで、

私  「今日は久しぶりに聴いてくれる方がいるので、“蝶々”という曲を…」

さきさん「やったー!」

私  「聴いていただきたいと思います」

男性の声「やったー!」

私  「えっ今どこから声がwww」

っていうテンパりの直後から始まってます。笑


よかったらどうぞー
YouTube

歌詞もあるのでどうぞー
蝶々

Chapter 1 - Heart

不完全

次のstep

というやつはきっといつも手強い


ギリギリの毎日は綻びを生む


そんな綻びさえも


あいしてね

よろしくね


がんばるからね

Chapter 1 - Live

GSP Presents『PROGRESS LIVE』

at 田町Quarter Note、ありがとうございました!


SETLIST
1. fluffy
2. 朝が来れば
3. persona
4. 祈りの糸
5. 種


プログレス3回終わりましたーーー

風邪治らないし、クマさんギリギリまで来ないしw、
どうなるかと思いましたがどうにかこうにか!笑

たくさんお声掛けいただいてお話していただいて
嬉しかったです^^*
本当に来てくれた方一人一人に、ありがとうございます。

プレゼントや差し入れまでありがとうございました!
帰り道、お腹が減ったので食べました。笑

ワンマンはよ!CDはよ!と
とても嬉しいことも言っていただいたので、
来年も頑張ります!!笑

良いお年を東京!私用では行くけれど!



“種”は、また歌詞をUPしますが、

「ただ生きなさい」の一言を、
入れるか入れないかで非常に迷っていた。
結果、入れたけど。

直接的な言葉や大事な言葉は、
詞の中で乱用したくない思いがある。
けれどそういう言葉は、
濁したくない言葉でもあるのかもしれない。

生きろって言うの、もう3曲目。笑
ああでも、それぞれ少しずつ違う生きろなのかも。



「悪くない毎日だよ」と言ってしまったので、
有言実行していたいなぁと思います



お返事などもう少々お待ちください!

Chapter 1 - Diary

タイムマシン

「日常」が「遠い夢」

とは、6年前の私の言葉。



心が病み始めた頃から、やっていたブログ。
今もそのまま放置されていたので、
いつまでも恥曝しに残していていはいけないと
数ヶ月前から少しずつ、読み返しながら消していた。


面白かった。
まるで、タイムマシンに乗っているみたいだった。
私は6年前から、ダイジェスト版で日々を巡った。
ブログを作るだけで誰にでもできる、お手軽タイムマシン。

書いたことさえ憶えていないような言葉でも、読み返せば
そのときどんな状況だったのか、気持ちだったのか、
リアルに思い出すことができた。
今の私が書く言葉と、
見分けが付かないであろうものも多くあった。
自分で少し笑った。

私は成長したつもりでいて
何も変わっていないのかもしれない。

中2の最初に知った絶望は、そのまま私の中に横たわっているし、
中3の最後にはもう、愛を知り歌に魅せられていた。


しかし同時に、そうして眺める昔の私は
別の人間であるみたいでもあった。
流れた月日はそれだけの距離を与え、
切り離された私は今も生きているみたいにそこにいた。

そして、別の人間みたいな私に、
私は今までにない優しい気持ちを抱いていた。
この先、「たかが」と誰かに言われようと、
私だけは彼女を認めていようと思った。



辛かったね。

よく、頑張っていたね。



「死にたい」の裏には大抵、
「うまく生きたい」があった。

生きたい。生きたい。生きたい。

その想いを背負って、私は今を生きている。

向こうで開いた赤は、私の腕に確かに白く残っている。


「遠い夢」は、叶っている。



これ以上何を望みましょう

これ以上を、望みましょう



 -------------------------

2012/11/20(Tue)
<GSP Presents
 『PROGRESS LIVE』>
会場:田町 Quarter Note
   東京都港区海岸3-2-6
   Studio Cube 326 7F
時間:open 17:30/start 18:00
料金:adv ¥2000/door ¥2500
   (1drink込み)

出演:戎屋聖一郎/TRANCE CRUNCH/黒木ちひろ/山谷結/「猫十字社」/健太康太
(黒木ちひろは19:20~19:50に出演予定です。)

 -------------------------

Chapter 1 - Heart

借り物競争

私は私の体と喧嘩する
私の思い通りになってくれないのだから
この体は借り物なのかもしれない

体調によって心が曇る
借り物に決められてしまうなら

この心は誰のもの?



私が表す言葉は私の心

けれど言葉は私が作ったものじゃない
私は些細な語句までよく辞書を引く
そうして共通の認識を固定させ
より上手く扱おうとしている

言葉は借り物だ

借り物で作られている私の心 

誰のもの?



アイデンティティなんて
「私」なんて

さぞや小さなものなんだろう



私の心はどこでしょう
脳の中
心臓の中

思う私がここでしょう
問いかける
鏡には映らない

高い空からは見えないでしょう

魂の在り処

Chapter 1 - Heart

箱と犬

 「 いつも笑顔のあの人は
   満ちた人だと思ってた
   崩れそうな日々を送り
   闇にいたと後で知った 」



もしかしたら、頑張れば、
今の私にはできるのかもしれないと思った

あらゆる嘆きに別れを告げて 悲しみに蓋をし閉じ込めて
現実で誤魔化して幸せそうに生きること。


だけどできるとしても 私はそれを選ばないんだろう


きっと今までも、無意識に選択してきたのだ
蓋を開けて箱の中を覗き込むことを
黒い犬に片腕を噛ませて行くことを

自分で付けた無様な爪痕を曝し、それでも起き上がる背中を
貴方に見せることを


だから心配しないで  ありがとう


悲しいほどに愛おしい
泣くほどに愛おしい


貴方がこの、息を呑むような星空に気付くまで
私はここにいたいと思う

貴方の背を見送ったら、それでもやっぱり
私はここにいたいと思う



神様 ここに理由を

Chapter 1 - Heart

慣性の法則

 小雨降る中
 息が白いことに気付き
 耳を塞いで
 帰り路を外れた


地球が動きを止めたら 人はみんな死ぬでしょう
こんな涙の溢れる夜に
私も足を止めたら 死ねるんじゃないかと思うの


 交互に前へ動く足

 右 左 右 左

 南へ向かってみるけれど
 この足取りじゃ海はとても遠い


誰の名前も呼びたくないの
だって涙の理由を説明できない
自分の命の全てが悲しいなんて
よくあることよ


 右 左 右 左


あそこに大きなマンションがあるでしょう
あの箱の一つ一つに人が住んでるんだって
なのに私は独り
こんな私のこと背負えるのは 私しかいないのよ


 右 左 右 左


初めから何も無かったことに
生まれることのなかった歌たちは
生まれないままに


 右 左 右 左


私の知らないところで
私じゃない何かになった私を
私が殺すのは罪でしょうね


 右 左 右 左

 やがて前も後ろも見慣れぬ景色になった頃
 涙も止まった
 濡れた指先がひどく冷たいことに気付く
 猫と布団に埋もれたくなった
 帰ろう


そんなものよ、そんなもの
今だけやり過ごせばまた
心は生きようとするの


 右 左 右 左

今日も終わらなかった

明日も生きるために 帰らなくちゃ

 右 左 右 左

始まってしまったことが かなしい

この足が完全に止まる瞬間が こわいの

Chapter 1 - Information

いちばん来てほしいライブ

 -------------------------

2013/01/23(Wed)
(株)第二音楽室主催
黒木ちひろ企画イベント
<STARRY NIGHT vol.2>
会場:御茶ノ水 KAKADO(http://www.kakado.jp/)
    東京都文京区湯島1-7-16
時間:open 18:20/start 18:40
料金:¥2000(+1drink ¥500)

出演:黒木ちひろ/他

 -------------------------


あ、時間は多分前回と同じだろうと思って書いてます。
違ったらまた言います。笑


黒木ちひろ企画 STARRY NIGHT、
vol.1が随分前のように感じるのですが
ちょうど半年後の開催となりました。

出演者はまだ少ししか決まっていないのですが、
前回と同じようにギターとキーボードのサポートが付く予定です。

私はこの日、いつもより長いステージをやらせてもらいます。
長いだけではなく、
ぎっしりと密度の濃いステージにしたいと思っています。


欲とは増えていくものでね、

歌う場所があって、聴いてくれる人がいて、
それだけでとても幸せなことなのに
分不相応にも
誰かの力になりたいと、思ってしまうの。



 あなたの夜を連れて来て、



私には照らせる力なんて無いでしょう
それでもその夜を共にしましょう

いつも来てくれるあなたも、
しばらく会っていないあなたも、
ネット越しのあなたも、
名前も知らないあなたも、
みんな


何ができる? どこまでできる?
分からない

それでも今の私にできる精一杯を、注ぎたいと思っています



来てくれる一人一人が輝く星の一つ
歌ってくれるアーティスト達も輝く星の一つ


綺麗な星の夜になりますように

Chapter 1 - Information

初・茅ヶ崎ライブ

11月20日が、東京近郊の今年最後のライブ
はい、東京じゃない所でもう一つやります。


初、地元・茅ヶ崎ライブ!


 -------------------------

2012/12/21(Fri)
<アコースティック Night>
会場:茅ヶ崎 UTTA-pang!-pang!(http://music.ap.teacup.com/uttp/)
  神奈川県茅ヶ崎市共恵1-3-21
  セトケンビル3F
時間:open 19:00/start 19:30
料金:¥1000(1drink込み)

出演:黒木ちひろ/他

 -------------------------


あのですね、特に言ってなかったと思いますが、
今年の最初に
「月に2本(=1年で24本)ライブをやる!」と目標を立てたんです。
去年は、結構やったつもりで実はそれより少なかったので。

で、そのつもりでライブを入れてたんですが
「急遽出てくれませんか!」「いいですよ!(二つ返事)」
っていうのを繰り返してたらあっさり超えてしまって、笑

超えた先に何があったかというと、
ライブ活動を初めて50本目!でした。
(実はもうちょっとやってたりするんだけど
 ちゃんと告知したものは、ということで)


100本目とかじゃないのかよwwっていう半端な所ではあるのですが、
まあ今年の締めにも丁度良いし、何か特別にしたいなと思い。

いつも東京でばかりライブをやっていると、
遠い!!(←いつも片道1時間強掛けて行ってる私)
という声が友人・知人からちらちら聞こえてきていたので
初茅ヶ崎!をやることにしました。

私は友達に聞かせるような歌じゃないので
普段はあまり呼ばないのですけど、笑
今回は友達(←少ない)もみんな来てくれたら嬉しいです^^
もちろんそれ以外のお客さんももっと嬉しいです!

地元人はもちろんのこと、
駅近なので電車を利用する方もどうぞ。


場所は、UTTA-pang!-pang!、ウタパンパンと読みます
LIVE&FOOD&BARということで
夕飯食べがてらお酒飲みがてら、でも
ご自由に楽しんでください。

チケット代も、ドリンク込み1000円とお安いです。
あ、これはまだちゃんと言われたわけじゃないので
もしかしたら違うかも…そのときはまた言います。笑


この日は弾き語りでやります。



私ね、この街を、もっと好きになりたいと思うの

Chapter 1 - Information

全部Pickupライブ

というわけで、今後のライブについて。
数は少ないですが、それぞれがピックアップ!的なライブです

一気に紹介しようと思ったんですが、
長くなりそうなので分けます。笑


まずは一番近く、


 -------------------------

2012/11/20(Tue)
<GSP Presents
 『PROGRESS LIVE』>
会場:田町 Quarter Note(http://quarter-note.com/)
   東京都港区海岸3-2-6
   Studio Cube 326 7F
時間:open 17:30/start 18:00
料金:adv ¥2000/door ¥2500
   (1drink込み)

出演:戎屋聖一郎/TRANCE CRUNCH/黒木ちひろ/山谷結/「猫十字社」/健太康太
(黒木ちひろは19:20~19:50に出演予定です。)

 -------------------------


9月からやってきたイノセントミュージック、GSPのライブ
これがラストの3回目です。
3回のうちで一番良いライブを、とのことなので、
がんばりたいとおもいます。
この日もクマさんに弾いてもらいます。

前回、前々回と新曲をやったのですが、
今回もう1曲やろうと思ってます

予告
今まででいちばん、
自分に優しくなれた気がする曲

聴いてくれる人にも優しいといいな

また、私の中で大事な曲になりそうです
この曲で、私は10代に一つ
区切りを付けられたのかもしれないな、とか。

つって私まだもう少し10代ですけど。笑



そして少し早いですが、
これが東京近郊ライブの今年最後の予定なので、
是非来ていただきたいと思います!

該当の記事は見つかりませんでした。