黒木ちひろ

Official Blog
MENU
Chapter 1 - Heart

人の世界の外の話

こわい話をしよう。

と、思ったんだけど
キリが無くなってしまったよ。


宇宙の話や体の話、
これまでに生を受けた人間の数や
人間が作った尺、人間が付けた名前、
この世界の外の話
延々と

つまり、人はそこいらにいる蟻と同じなんだって話


不快なことを聞かせたね。
それとももう知っていた?


人が蟻と違うところといえば
自分の世界の外まで考えを巡らせてしまうところ

人間が全てを知ることはないと
それだけは確かに分かっているというのに

きっと真実なんて黒く塗り潰されていて
だから求めた人々は
見失って引き返すか、暗い穴に堕ちていくか

私たちは自分が何なのかを知ることはないまま
終わっていくのだ


 空っぽの目が映していたのは深淵
 立ち向かうだけ無駄だから
 目を逸らすことを覚えた


私は愛を歌うけれど
それって別に楽観的でも綺麗な話でもない
この無意味で奇怪な世界を
繋ぐ糸は
それしかないんだ、もう


ちっぽけな人間の世界で
君の笑顔が嬉しい

この無意味で奇怪な世界を
愛してる


あいしてるよ





こわい話をしよう。

こんなのちっともこわくないかい?

なら君は大丈夫だ
もう行くといい

箱庭の蓋を閉じて
世界は青い空の下

蟻は蟻の世界で
人は人の世界で
生きなければならないということ

つまらない話は忘れていい
君の世界は美しい

何か答えを見付けたら
どうか私にも聞かせておくれ


もう行くといい
果てない一瞬を生くといい


私も行くよ きっとすぐ

Chapter 1 - Heart

影並べ

複雑だ。


私は今あなたの隣にいないんでしょう
傍にいられないんでしょう

全部全部私が望んだことで
確認しながら手を振ってきた

痛みや 足に絡む蔓と一緒に
そこにいるあなたにもさよならしてた


幸せはいつも影を作る
私も誰かが作る影の中にいて
そして誰かに影を作る


食べる。眠る。歩く。笑う。
ごめんね。ごめんね。ごめんね。
突き進む。


言葉の重さを理解しているからこそ
安易なことを言えず戸惑う

「大丈夫?」なんて
大丈夫じゃないことくらいよく分かる
張り裂けそうな痛みが よく分かる

ごめんね、の数だけ いつか歌を届けたい
いらないって 言われるだろうけど

あなたに温かな雨を降らせたい


だから足掻かなきゃなんだ この足で
私は羽根の生えた靴なんて与えられてはいないから
空までこの手が届くように

踏みつけていることにも気が付きながら



赦されるくらいには
辛酸を嘗めてきただろう

それでも

幸せになることは、罪深い。


あなたには幸せになってほしいと願って
私だって誰かに願われて


間違っちゃいないさ

わかってる。

どこまでも独りよがりな思考

わかってる。



「大丈夫じゃない」

でもきっと大丈夫よ、あなたも

生きてさえいれば、大丈夫よ

Chapter 1 - Heart

“I will give you everything you want”

母の日の過ぎた後ではありますが。


先週くらいに、Cocco主演の『KOTOKO』という映画を
観てまいりまして。

観た後しばらくは
衝撃が大きすぎて振り返ることもできなかったのですが、
今日改めてパンフレットやら見返しまして。
映画公開に伴って発売されたCoccoのエッセイ集、
『コトコノコ』も読み返しまして。



母の愛を、想い
涙が溢れるのです。



“そうだよ。
 好きなものをみつけるんだ。
 好きな人に出会って、好きなことを探すんだ。

 私は大丈夫。
 いつでもどこでも
 走っていくから。”



きっと私も、こうやって愛されてきたんだわ。


「あなたのことを恥ずかしいと思ったことは一度もない」と
言われたことを思い出した。

「好きなことをみつけてその為に頑張っているならそれでいい」と。


小さい頃、お母さんは泣かないのだと思っていた。
大人になったらきっとみんな涙は流さなくなるのだと。

そんなわけなかったね。

私がうまく生きられないことは、
私の悲しみであるのと同じくらいに
母の悲しみであったのかもしれない。

ああでもそれなら、
私が母の幸せにもなり得るものね。



まだまだ一人では生きられない私
まだまだ迷惑を掛けながら、それでも


とても 好きなことがあるのよ


たびたび打ちひしがれながら
いろいろなことを諦めながら


涙が出るほどに
好きなことがあるのよ

Chapter 1 - Live

asobigocoro.net Presents 浅草アコースティックナイト Vol.16

at 浅草リトルシアター、ありがとうございました!


SETLIST
1. 小さな世界
2. 兎の毛皮
3. 朝が来れば
4. a day goes by
5. 運命論


迷子になったり迷子になりながら観光したりもしましたが←
とても楽しい日でした!

お客さん出演者さんスタッフさん皆さん温かかったです
ありがとうございました*


そして同い年の長沼里美ちゃんがツボすぎてww
家が近ければ普通に遊びたい感じ!笑
なんだかつい失礼なことも言っちゃってごめんね(;´Д`)

その面白い、いやしかし歌は素晴らしい長沼里美ちゃん、
7月25日出ていただくことに今日(笑)決まりましたので
皆さんご期待くださーい!


という感じですが、
今日は自分の歌は悔しい感じでしたすみません…!
風邪は治ってきたと思うのですが
些細な不調も歌には影響してしまうものですね。

難しいなあ悔しいなああ

次も頑張ります…!



ちなみに浅草は初めて行ったのですが、
とても好きな感じの街でした。
下町が好きなのかしら私?
そういえば台湾に修学旅行に行ったときも、
みんなが友達同士で写真撮ったりする中
私は汚れた建物とか街ばっかり撮ってたなぁ。笑

Chapter 1 - Heart

悲しみ処方

不健康な心に音楽を投与

どうせ社会不適合者

才能なんてしらないわ

今の私にはこれしかないんだから

叶わないなら

他の道もくれないのなら

神に見捨てられた人間の一人として

死んでいくだけだわ

哀れ

さっさと終われたらいいのに



もし思い通りに生きられたなら

勉強をしたわ

それだけが取り柄だったもの

お金を稼いだわ

大抵のものは手に入るはずだもの

そして自由に生きるミュージシャンに憧れるんだわ

塞がれた道に思いを馳せる

それが人生か

馬鹿げてる



社会不適合者

にもなりきれず

社会とたくさんの約束を結んで

明日を確保する

社会の一員としての私が

あらゆることを投げ出そうとするのを防ぐ

目が腫れないようになんて

くだらない心配をする

こんな自分がいるうちは大丈夫だわ

ほらね、また

独りで立てる



目を開けて

心が破れていく音を

感じ取れ



神様ありがとう



「なんもない」より

悲しみのほうがずっとマシだわ

Chapter 1 - Live

Milkyway Presents「Bon Voyage vol.2」

at 渋谷Milkyway、ありがとうございました!


SETLIST
1. fluffy
2. 朝が来れば
3. A Sky I Don't Know
4. 蝶々
5. HURT


やばいっす。体調がやばいっす。笑
なんとなくTwitterとかでも言い損ねてたんだけども
昨日から風邪を引いています。。。

ゴールデンウィークより前からずっと予定が詰まってて、
でも今なら乗り切れるんじゃないかと思って
ちょっと無茶をしすぎたようです。
体力なしを再確認。
夜6時間とか寝れても回復した気がしないんだもの。

そして積もり積もって風邪を引いたようで、
あなたの風邪はどこから?私は喉から!タイプなので、
薬やら漢方やらトローチやらで頑張っていました。


被害は最小限に食い止められたかと思うのですが、
万全ではなくすみませんでした…!

その上明日も早起きオワタ\(^o^)/
なので最後までいられず帰りました。
残念…(;;)


でも初のMilkyway、素敵な場所でした!
リハやりながらちょっと感動しました!笑
今度は万全でやりたいなぁ


とにかく風邪を治しますうおー!

Chapter 1 - Information

ライブ情報

ライブが急遽決定しました!

HP更新がめんど(ry 時間が取れなさそうなのでブログで!

iPhoneになって殆どのことがPC無しでできるようになったけど、
唯一HPの更新だけはできないね…


 -------------------------

2012/05/07(Mon)
<Milkyway Presents「Bon Voyage 」>
会場:渋谷 Milkyway (http://www.shibuyamilkyway.com/)
   東京都渋谷区宇田川町4-7
   トウセン宇田川町ビル 3F
時間:open 18:00/start 18:30
料金:adv ¥2000/door ¥2500 (+2drink ¥1000)

出演:
水鏡/ 立石祐磨/ チクシヒロキ/ 野木やい/ 黒木ちひろ
(黒木ちひろは18:30~19:00に出演予定です。)

 -------------------------


急すぎてクマ捕獲(←)できなかったので弾き語りです(T∇T)


aubeの下の階よね、前迷ったんだよなぁ、しかも雨の中。
でも今回はきっと迷わないで行ける。そう、iPhoneならね。



よろしくお願いしまーす!

該当の記事は見つかりませんでした。