黒木ちひろ

Official Blog
MENU
Chapter 1 - Live

リアルアーツ株式会社×SJE 女性ヴォーカルDAY

at LIVE Cafe 2000、ありがとうございました!


SETLIST
1. 線の街
2. a day goes by
3. 兎の毛皮
4. 祈りの糸
5. 運命論


なんだかんだ、初めての場所は緊張しまする。
雰囲気も初めての感じでしたー。


出演者さんは、ピュアな高校生からセクシーな大人まで、
女性Vo.の中でも幅広かったですね(^^)

ちなみに私は
実質1歳しか違わないのに高校生を羨む19歳その2
という立ち位置です。
いや私も所属は高校生だけども。笑


次は弾き語りです!うわあああ←
練習じゃー

Chapter 1 - Heart

Love Me or Break Me

ちゃんと幸せ、
ちゃんと愛してる、けれど

私の世界は唐突に色を亡くす



ぱちん、


と それはまるで電気を消すように



悲しいことがあったからじゃない
ふいにスイッチに触れてしまうだけ


日常の隙間

例えば
理想と現実の間
欲望と自責の間
義務と怠惰の間
今日と明日の間

潜むスイッチに、触れてしまう



そもそも私の土台は全て無意味だという絶望で
その上に愛だの何だの構築しているのだから
スイッチの正体はその絶望だろうか





  愛して、もしくは打ちのめして





明日もまだ生きていたい
消えるときのように一瞬では点かない
冷えた灯がまた温もりを取り戻すのを待つ



だからいろんな色で塗り潰して、もっと


隙間を埋めて、見えないように


塗り潰して、明日を

Chapter 1 - Live

MKD office 企画イベント

at 原宿JETROBOT、ありがとうございました!


SETLIST
1. 線の街
2. every singing
3. 祈りの糸
4. 運命論


本当に、いつも以上にありがとうございました!(;_;*)
初めて来てくれた方もありがとうございます!

18日に頂いたたくさんのメッセージに続き、
19日のライブ。とても幸せな誕生日でした。


プレゼントもいっぱい頂いちゃいました(;∀;)
来ていただけるだけで十分に嬉しいのですが、
プレゼントをわざわざ選んでくれた皆さんの気持ちが更に嬉しいです!
そして全部本当に素敵な物でした、お世辞抜きで!笑


ちなみに出演者の窪田さんからは青梅せんべいを。笑
あとご本人のCDを♪
そしてMKDのゆみこさんは、途中でいなくなったと思ったら
わざわざ靴下屋の靴下を買ってきてプレゼントしてくれました!
びっくりしたし嬉しかったですー!(;_;*)

前にも書いたかと思いますが、
MKDイベントは、裏が本当に楽しいのです。笑
昨日もたくさん笑わせてもらいました!
誕生日ライブ、ここでできて本当によかったと思います。


皆さん、本当にありがとうございました!

次は29日、頑張ります!





今夜は星も月も見えない
でも大丈夫、未来が見える

今に満足できなくたって
未来が広がる ああこういうこと


待ってて そこで見てて


いつかは消えていく私を 繋ぎ止めてしまうくらいには
この世界は愛で溢れてる

音への愛、君への愛、君からの愛

叶わなくても応えたい


待ってて


いつもありがとう

Chapter 1 - Diary

19

19歳になりました!

お祝いメッセージをくれた方、ありがとうございます。
一つ一つが本当に嬉しいです(*^^*)


昨日の夜からもう3個もケーキやタルトを食べて、
母からクッキーの詰め合わせを貰って、
ホワイトデーのお菓子もまだあって、
ああ完全に脂肪フラグ。幸せです(泣きながら)



歳を取りたくないのが半分、
歳を重ねてゆきたいのが半分。


抗いようもないので ただ、
後悔の無いよう努めたいですね。



明日のライブも頑張りますよおー

Chapter 1 - Live

ドレスコーディネート vol.49

at 秋葉原DRESS AKIBA HALL、ありがとうございました!


SETLIST
1. 蝶々
2. 朝が来れば
3. fluffy
4. 祈りの糸
5. ジュゴンの見える丘(Cocco)
6. 運命論


Coccoさんのカバーをやりました。
3.11が巡った今、この曲をやりたかったのです。
今は借り物の歌だけど、いつか自分の力で
こんなに優しく温かく、包み込める歌を歌いたいね。

ライブ後、また揺れましたね。
何事も無いことを。



ホワイトデーということで、お菓子頂いちゃいました!
バレンタインに種を蒔いた甲斐が(ry
なんかお返し回収に行ったみたいですみません。笑

お誕生日プレゼントも頂いちゃったよー!

皆さんありがとうございます(*^^*)

今回は自分で配ったお菓子も余ったのでそれも食べます!
あとこの前親戚のおじさんからも、
数えきれないほどの飴とチョコの詰め合わせを送っていただいたんだった!
しばらくおやつには困りません\(^o^)/



そして、初めて演奏中にピックを落とすというミスを犯しましたw
けど演奏止めませんでしたw
経験値ゲットw(そこで?)

ミスに落ち込むかと思いきや大して落ち込んでません。
ピック云々はまあ置いといて、
弾き語りに関しては自分がまだまだすぎるのが分かっているので
逆にわくわく感があります。笑

Lv.5くらいのポケモンってみるみる育つじゃないですか。
私もまだそのくらいなので、毎回自分の中で何か変化が感じられます。
早くサトシの相方になれるくらいになりたーい。
ピカチュウって何レベ?
早くピカチュウになりたーい
待ってろよサトシー



次は19歳一発目のライブ、19日です!
原宿JETROBOTにてクマさんとです。
自分がギターやらなくていい安心感といったら。笑

よろしくお願いします(*^^*)





ところでサトシって最近何やってんの?

Chapter 1 - Heart

intermission

頑張れない日もある
ああ
何もしたくない日もある


無理に笑わなくたっていい


やり過ごすだけの一日
でも

明日に繋げただけ、上出来


頑張ることも、笑うことも、歌うことも
明日の私に任せよう



今日の私はもうおやすみ



よくできました

よく生きました



また明日

Chapter 1 - Heart

祈りの糸











貴方のこれからが
愛しいもので溢れますように










Chapter 1 - Heart

力不足の愛不足

ふと思い出した夢の話



ある女性が、建物の上に立っている。


その人は現実ではとても明るい人で、
だけど私は少し苦手に思っている人。


夢の中で彼女は、何かにとても疲れて病んでいた。

遠くから建物の上に立つ彼女を見ていて、
そして彼女が今まさに飛び降りようとしていることを知っていた私は
走っていた。叫んでいた。
だけどあと少しで彼女の下まで辿り着くというところで
間に合わなかった。

私が辿り着かなかった場所には他の誰かがいて
彼女を支え、彼女はその後も生きていたけれど
私の声は、結局最後まで届くことはなかった。



たかが夢の話
だけど、もしも、


もしも、私が初めから彼女の近くにいたら、
この声は届いていただろうか。



苦手な人など作らずにいられたら、と思う。

頭では悪い人じゃないと分かっていても、
距離を置いてしまう人がいる。
それも人間としてしょうがないことだとは思うけれど
そんな自分は結局私を苦しめる。
だから、
みんなみんな好きになれたらな。



無理は承知で言ってるんだ。



何もかもを、愛せたらな。

該当の記事は見つかりませんでした。