黒木ちひろ

Official Site
MENU

歌詞集

  

No Face  (2021.3)
霖 -rin- (シャカリキMONKEY荒削り feat. 黒木ちひろ)  (2020.5)
  (2020.5)
  (2020.4)
Left Behind  (2020.4)
新世界ワインのうた  (2020.1)
はじまりとおわり  (2019.1)
OLIVE  (2019.1)
雨上がり  (2019.1)
ハーフウェイ  (2018.7)
宇宙の島  (2018.5)
呼吸  (2017.10)
ナキガラ  (2017.8)
  (2017.5)
  (2017.4)
雨と星  (2017.4)
よるびらき  (2017.4)
  (2017.4)
  (2017.4)
The Holy Far Place  (2017.4)
叶わぬものの多さを知る  (2017.4)
calm  (2015.3)
My unstable life  (2015.3)
IN MY HANDS  (2014.9)
群青  (2014.9)
縞模様  (2014.4)
lemon  (2014.1)
箱庭  (2013.11)
金木犀  (2013.8)
負け犬  (2013.8)
remains  (2013.8)
太陽さがし  (2013.5)
獣道  (2013.5)
STARLIKE  (2013.1)
世界は灰色だ  (2013.1)
  (2012.11)
persona  (2012.10)
Love me or break me  (2012.7)
HURT  (2012.4)
蝶々  (2012.2)
運命論  (2011.10)
fluffy  (2011.8)
兎の毛皮  (2011.6)
祈りの糸  (2011.3)
星降らぬ夜に  (2011.1)
線の街  (2010.11)
朝が来れば  (2010.11)




No Face

サブスク等配信中▶︎ https://linkco.re/SBatUFDe




No Face / 黒木ちひろ


鏡のない世界を思った 夜明け前
何も連れていけない 壁の前

消える三日月 残った影法師
物語に逃げ込んだ足跡

ずっと知らないことがあるからイイんだって
そう言ったあなたの 顔も見えない

 誰かに
 なりたかった人生でした
 思い巡らしあのこの台詞
 それらしく吐き出してみたけど

 慣れなかった人生でした
 もうすぐここは 最後のページ
 求めてたあなたには映らない


痛みのないままでは このままいられない
ぬるい肌をなぞった雀蜂

時間はないから 今さら眠れない
細い首を絞め合う蜘蛛の糸

きっと歌っていなきゃ生きてもいけないって
そう言った私の 顔も見えない

 誰かに 
 許されてた人生でした
 振り払ったらあの日の台詞
 あてもなく浮かんで消えたけど

 去れなかった人生でした
 乾いた頃に 最後のページ
 残像は泣き笑いみたいに



霖 -rin- (シャカリキMONKEY荒削り feat. 黒木ちひろ)

宇宙の島-雫1600-100

各配信サイトより配信中
配信ページ → https://linkco.re/9MzPcN4y


霖 -rin- / シャカリキMONKEY荒削り feat. 黒木ちひろ

 息が詰まる
 目の前に立つ
 壁が見える
 手を伸ばす
 ザラザラしてる
 冷たい感触
 上をみると
 空が見えるよ
 目眩がする
 俯いてると
 誰かが心配
 してくれる
 息苦しぃ箱の中
 優しぃ世界さぁ

狭い窓を叩いていく雨が
時間を埋め尽くしたら もう聞こえない
想いを馳せて もうどれくらい
雲間の虹を渡れない こんな朝に

 手を繋いで
 強く強く強く
 握って
 でも潰れないように
 優しく優しく優しく
 していて

重い扉が軋み動くまで
柔らかいだけの花を掴めない
向こうに続く道があると
雲間の虹を渡りたい こんな朝に
ゆらゆら 見つける
雨の中を 踊る音

 君は強くて
 でもきっと弱くて
 鎖に繋がれて
 でも自由で
 雨でびしょ濡れ
 でも世界は
 キラキラずっと
 6月の風が吹いてる
 知れば知るほどそんな不思議な
 貴方の横顔に惹かれてく

 手を繋いで
 強く強く強く強く

 でも溢れちゃいそうな
 心、心も抱きしめて、、






宇宙の島-雫1600-100

各配信サイトより配信中
配信ページ → https://linkco.re/9MzPcN4y


雫 / 黒木ちひろ

息を呑む
全て崩れる亀裂が
ここにある
今もある

息を吐く
全てやわらかくなれ
その刃先も

ここにいたい
痛いなぁ

誰かになんてなる必要もないと紡いでく
貴方の声を聞かせて

暗がりで見つけ合った心で
貴方と繋ぎ止め合いたい
あいたいな
遠くで弾けた透明な雫が
私に雨を降らす


息を呑む程の恋をしたんだ
刻み込む
忘れないままでもいい

こんなにも
胸を刺す想いはもういらないと血を流す
声を枯らして

陽の光 受けてきらめいた
言葉は明日を見捨てない
ふれたいな
終わりを恐れて落とした雫が
確かに愛を語る


さよならは どうか
私を見送って






宝 / 黒木ちひろ

静まりかえった街の端っこ
今夜限りの月を見る
大事なものは一つきりじゃない
失くしたくなくて闘ってる

この風が過ぎたら遊ぼう
笑わせることだけを計画しよう

この波が去ったら騒ごう
ぼくらの宝はここで終わらない

海を越えて春が来る
花は変わらずに芽吹き出す
濡れた街に夏も来る
きっとあなたにまた会えますように



Left Behind

Left Behind / 黒木ちひろ


今日もまた僕は
僕じゃない誰かを過ごしているみたいだ
日が暮れる

そう うまくできると思うよ
簡単なことさ
よく笑って よく喋って
飽きさせないだけ

努力で居場所は手に入る
愉快な 愉快なピエロをやろう

左利きの僕の 小指を折っていくような
糸に気付いたのは僕だけなのか
奇跡は誰にでも訪れるものみたいだ
僕の順番は いつだろう


今日も変わらない一日を
こなしてゆけるものだって
思ってた

あれ 何かがおかしいな
間違えたかな
どうしてそんな目で
僕を見るのか

幕が剥がれた 世界は
巨大な 巨大な怪物になる

左利きの僕の 手首を千切る手段を
面白おかしく話す人たち
渦巻く笑い声に手遅れになりそうだ
違う 違う 僕は、


「みんなとおんなじです。」


そう うまくできると思うよ
簡単なことさ

怪物が来ないように
息を殺して

怒らせないように
息を殺して

ここにいないみたいに

息を殺して


今日もまた僕は
僕じゃない誰かを過ごしているみたいだ
日が暮れる



新世界ワインのうた


2020.1.12 初披露@茅ヶ崎LUSH LIFE


新世界ワインのうた / 黒木ちひろ


グラスの向こうが見えない深い色
逞しい赤の New world

みんな 前ならえ じゃ
つまらないから
新たな道を切り拓け

ワインのボトルが空いたら
もうこんな時間
余韻が残る舌の上
どうしよか もう一本


グラスに注がれて騒ぎ始める
賑やかな白の New world

堅苦しいことはいらないよね
「          」

ワインのボトルが空いたら
もうこんな時間
酔いが回る 目が回る
まっすぐ 歩けない

ワインのボトルが空いたら
もう帰る時間
余韻が残る胸の中
ありがとう また会おう




はじまりとおわり




はじまりとおわり / 黒木ちひろ


夢は叶わないものでした
一つ目の夢はただ普通に暮らすこと

夢は叶わないものでした
二つ目の夢はいっそ狂った芸術家


もう何も見ない 目を塞いでいたい
勝ち負け プライド なんて掃き捨ててさ
もう涙なんて 流さないでいたい
どうか ただ どうか もう穏やかに


夢は叶わないものでした
報われる努力なんてほんのひとかけら

夢は叶わないものでした
 … なのに 降り注ぐ光が消えない


未来なんか見なくたっていいよ
勝ち負けなんか気にしないでいい
涙なんか流さなくていいよ
そうさ


でも聞いて
僕は行こうと思います
この目に映る全ての
その向こう側

ねぇ聞いて
僕は行こうと思います
この目に映る全ての
その向こう側


彼女の成功が僕を薙ぎ払ったように
僕の栄光は誰かを焼くだろうか
彼の偉業は多くを救ったけれど
僕の夢は何かを壊すだろうか?


もう会えないあの子の消えない眼差し
闘うあの子の拙い足取り
隠れて眠ったあの子も 立ち上がる

もう消えたいあの日が消えても生きてる
僕も 君も
背負って 抱えて


夢は叶わないものでした

 なのに 光が消えない


-----


アルバム『SEED』収録曲
配信サイトリンク ⇒ https://linkco.re/Hqxvnvse
オンラインストア ⇒ https://studiopaula.official.ec/items/16732502



OLIVE




OLIVE / 黒木ちひろ


恋唄 憧れたまま
落ちていくつがいを見てた


枯葉の上で 大きくなった
ひび割れた腕でも 君が掴んだ

折れてしまいたくないな
帰って来れるように
笑って囀ってほしいな
だけど

風雲 君は飛び立つ
得意気に咥えるのは
誰かの体の欠片
私は
何をできただろう
何をできるんだろう


甘くもなくて 膨らんだだけ
通りすがる人が 盗んでいくだけ

愛だけが全てなんて
迷子の泣き言
煩わしくて目覚めた
朝に

恋唄 憧れたまま
落ちていくつがいを見た
駆け寄ることもできずに
私は
胸が痛かった
だけど 泣けなかった


一夜の秘密の踊り
月明かり翠に溶けて
誰かに見つかる前に
ここで


恋唄 憧れたまま
折れた私の上にも
夜明けはまた巡り来る
小鳥が

種を落としてゆく
種を落としてゆく


-----


アルバム『SEED』収録曲
配信サイトリンク ⇒ https://linkco.re/Hqxvnvse
オンラインストア ⇒ https://studiopaula.official.ec/items/16732502



雨上がり




雨上がり / 黒木ちひろ


雨が止んだから
君は来るだろうか
どれだけ寒かったのかを
僕に伝えるために

ずっと待っていた
木の葉の傘の下
広い世界の寂しさを
重ね合わせるように

あるとき翼が擦り切れて
僕はもう 飛べないけど

やわらかい カナリア
空から降りて 鳴いて
最後のときには
僕が包むから


雨が止んだから
傷も乾くだろう
悲しみに慣れてしまえば
歌は続くのだろう

約束はないから 一度きり
二度とは巡らない

手の上の カナリア
どこにも行かぬように
最後のときには
僕だけを呼ぶように


途切れた息はまだ終わらない
最後の最後の冬の夜


-----


アルバム『SEED』収録曲
配信サイトリンク ⇒ https://linkco.re/Hqxvnvse
オンラインストア ⇒ https://studiopaula.official.ec/items/16732502



このカテゴリーに該当する記事はありません。