黒木ちひろ

Official Site
MENU

2019.1.16

2019.1.16
久しぶりに引っ張り出したシャツ。
お銀座で、おワインをサービスしていた時代を思い出す。
今だから言うけれど、大体試飲してほろ酔いで接客していました。
でないとやってられねかったっす。
寝不足で頭がつらい。
体力がないのは悔しいけれど、
体がそうだと言っているのだから仕方ないよ。






#種の話

#種の話
https://youtu.be/Qt9MnAENvUE



二十歳になる頃、中学生の自分が書いた吐き出しブログを読み返していた。
PCの向こうに別の女の子を見ているようだった。
向こう側で彼女は腕を切った。
新しいカッターがいつもより深く入って、
その痕は今目の前のこの腕にある。
君は私だ。
君は5年後も10年後も生きてる。




「大丈夫だよ」「無理しないで」と言われる度に思うのは、
「それで私の人生責任取ってくれんのかよ」だった。
そんなの誰も取れない。
でも確かに少しずつ大丈夫になってきている。
周りの愛ある言葉を嘘にしない為に、
私が責任持って私を大丈夫にする。
できるよ。



2019.1.15

2019.1.15
ワンマン当日公開予定の動画のYouTubeを公開にしたのは、
完全にミスです。
通知いった人ごめんなさい。
焦るからそういう事をする。
ま、いっか。
先行公開見た人はラッキー。と思っていてください。
ワンマンが終わったらPremiere Proの勉強をしたい。
Adobeも値上がりしてしまうことだし。



2019.1.14

2019.1.14
おはようございます、と母娘の声が聞こえる朝六時半。
そうだ、成人式。
美容師は徹夜で朝を迎えているのだろうか。
二十歳。
周りには立派な二十歳も多いけれど、
自分のあの頃は、未熟な今より遥かに未熟だったと思う。
大丈夫。まだまだ変わる。
生き延びた貴方に。おめでとう。
#成人の日





2019.1.13

2019.1.13
昨日書いた、これから出る予定のMVとはまた別の曲なのだけれど、
黒木ちひろ、初めて、全て一人作業で映像作品を作りました。
機材も知識もなくてあったのは根気だけ。
あとは現代の技術の進歩に感謝。
特別出演、パウラちゃん。
早く観ていただきたいけれど、お披露目は1/20ワンマンにて。





2019.1.12

★ 次のMVが上がる前に、見てください。

2019.1.12
私は私を、少しも“スペシャル”ではないと思う。
それを、映像作家や写真家の目を通す時には少し、
スペシャルな気持ちにさせてもらうのだ。
或いはステージの光を浴びる時、
私は少しスペシャルに、もしかしたら見えるかもしれない。
たったそれだけの事。
だけれどそれで、届けたいものがある。

★2017年、
撮影、制作:林健太郎
2年間の活動休止から復帰する、そこに絶対必要な曲なのだと、
凍える早朝の茅ヶ崎の海でタイマンで撮影。
林くんの熱さが、どれだけ今の私を作ってくれていることか。

叶わぬものの多さを知る/黒木ちひろ
https://youtu.be/k2xrC_KV_WM

★2017年、
監督、制作:中村有里
5年以上前、川崎の路上で歌う私を目に留めてくれたなかむー。
彼女が切り取ってくれる私を、私は普段の8割増くらいで好き。
あのとき出逢えていなければ。今が大きく違っていただろう。

呼吸/黒木ちひろ
https://youtu.be/c0BLcYeBiOk






2019.1.11

2019.1.11
リハーサル終わり。
とりあえず今日は機材のノイズは乗っていない。
喉も、全快ではないけれど声が出る。
あと、パスケースを無くしていたのだけれど、
職場の子が見つけてくれた。
そんなわけで機嫌がよい。
喉を大事にって、抑えて歌ったりなんてできないかも。
気分屋ですね。
@ O-SITE






2019.1.10

2019.1.10
日々140字いっぱいの文を書いておりますが、
本日は140秒いっぱいのスペシャル動画です。
カメラの角度によりほぼ私が映っていないので、
イケてるメン・大橋弘幸氏の御姿を存分にお楽しみください。
2人でやる曲のリハでした。
1/20ワンマン、素敵なサポートみんな初めて。嬉しい。
是非来てね。






2019.1.9

2019.1.9
昨日の投稿がやたら好反応なので
今日も何か面白い事を書かなければならないだろうか、
という気持ちにさせられつつも、
今の今までとある仕事で随分長文を書いていたのでもうくたびれてしまい、
私の頭の中では少し狂気を感じる一休(1.9)さんが
「ハハッ」って笑うくらいなのです。(描きました。)





2019.1.8

2019.1.8
なんてこった。声が枯れて歌えない。
二週間も喉を休めていたのに。
高級なマヌカハニーを買おうか、などと考えながら
薬局で龍角散のど飴を買って、
口に含みながら歌ってみた。
驚いた。歌える。
ナメてた。いや違う、舐めてなかったんだ。
どっちだ。どっちでもいい。
ずっと口の中にいてほしい。





このカテゴリーに該当する記事はありません。