黒木ちひろ

Official Site
MENU

#8月31日の夜に

夏休み明けの9月は、10代の自殺が最も多いのだそう。
私は16の頃にもう学校を辞めると決めて、
夏休みも夏休み明けもなくなって久しい。


こんばんは。生きていますか。


私は、いじめられて、いませんでした。

それなのに中学も高校もまともに行っていない理由を話すとすれば、
私は多分、人一倍完璧主義で、
人一倍他人の顔色や空気を気にしてしまう性格で、
学校という環境、集団生活がどうしても合わなかっただけ。


たったそれだけの事が自分にとってはとても深刻な問題になり、
うまくできない自分を心底憎み、
日々、殺したいと思っていました。

私をいじめていたのは、私でした。



ある日の数学の授業中、
40の机が並んで人間が黙って同じ方向を見ていて、
澱んだ空気に気持ちが悪くて叫び出しそうで、
机の陰で、左腕をシャーペンでけずってその場を凌ぎました。

それからしばらくは、音楽プレーヤーとカッターナイフを
ポケットに忍ばせて過ごしていました。

あの、人間が蠢く箱の中で、
仮面と建前と抑圧で埋め尽くされた世界で、
ただ平静でいるだけでも大変でした。


うつ病と診断されました。

勉強も部活も頑張って人には優しく笑顔でそして浮かないように。
自分が実はずれていたり変なことをしたと分かった瞬間は
もう恥ずかしさで死にそうになりました。
どんな小さな間違いも起こさず笑われずに生きていたかった。


夜眠れず朝は起き上がれず、欠席日数がどんどん増えて。
学校に行けないことに泣きました。
授業に遅れて成績が落ちることも、
自分がこうしてベッドにいる間に友人は充実した学校生活を送っていることも。
虚しくて苦しくて耐え難く、
自分が価値のない人間であると泣きました。


「無理しないでいい」
と周りに言われる度、内心で、
「じゃあ私の人生、責任取ってくれんのかよ」
と思っていました。

学校さえ行けない自分は、会社も行けるわけがない、
社会不適合者だ、人生詰んだ、お先真っ暗、
いつ死のう今死のうかと、何度も思いました。


それも分かる。今も分かるんだけれど。


でも今の私が声を掛けるとしてもやっぱり
「無理しないでいい」と、言うのでしょう。


ずっと頑張らなくていいって意味ではなくて、
頑張る方向が間違っているのかも。
それに気付くために、一度、視野を広げる心の余裕を作りなさい、と。


高二の文化祭でバンドをやったら学校を辞める、とようやく決意して、
それも涙ながらの決別ではあったけれど、
その後から私はぐんと調子が良くなりました。

週2日4時間くらいとか、リハビリのレベルからバイトを始め、
家では自作の詞や曲を載せるHPを作ったりしていました。

そこから縁が繋がって、ライブも始めました。
うつの薬がいらなくなりました。
バイトを増やしても大丈夫になりました。
振り返れば不慣れな社会に苦しいことも多かったけれど、
学校にいた頃の自分から見れば夢のように、
活発に生きることができていました。


20歳になる前に、通信制高校に通おうと思い立ちました。

週一の通学、16歳から年配の方まで様々な生徒の中。
付き合いがあまりない代わりにしがらみもなく、
普段の生活の傍らで難なく高卒を取りました。

あれだけ行けないと絶望していた学校も、
卒業資格だけなら簡単な話でした。


先述の
「学校さえ行けない自分は、会社も行けるわけがない」
の部分は正直当たっていて、
今でも毎朝決まった時間に同じ場所へ行く生活、
集団でカチカチと決まった動きをする生活はできません。

でも社会に関わっているし、人生は詰んでいないし、
まだ夢も見るつもり。


苦手なものは避けて、人と同じにできないことはやめて、
自分ができることを選べばいいのです。


避けながら生きることを、生きていれば、選べます。
自分ができることをしていれば、一人ぼっちになんてなりません。



私もまだうまく生きられない日々も多く、今も修行中。
何が自分の調子を悪くするのか。
どうすれば高パフォーマンスを発揮できるのか。
毎日観察と毎月調整。
そろそろ、「調子の悪さ」を冷静に見る図太さは身に付いた。


「頑張る」ために、まずは自分に優しさを。





読んでくださりありがとう。

“種”
という
10代の私に宛てた歌があります。

歌詞→http://chihiro-kuroki.jp/blog-entry-656.html





2018.9.9 追記

あくまで経験談の一つであって
これが全て正しいなんて思っちゃいません。
私だって、昔は優しい言葉も否定ばかりしました。
反論したっていいのよ、

ただし、当人がね。


結局、許すも許さないも、
自分の道をどうするも、
最後は自分。
「大丈夫」って
自分が自分に言えなきゃ意味ないの。

でも例えば「学校が全てじゃない」ということを
周囲で一人だけが言っているのと
周囲の百人が言っているのでは
天と地ほども違うじゃない。

その一端



あけましておめでとうございます

LUSH LIFEで大好きな人たちとうえーいって年越しした後、

元日は実家でおせち
と、わんこ
たっぷりすーはーしました。はーかわいい。

しぬほど食べて飲んでダラダラしたので

今日から平常運転です
何卒よろしくお願い致します












2017年

活動復帰がまだ今年なのか、と意外な気持ち

ライブは意図して大幅に減らしたけれど
心を懸けて一つ一つ大切に、
大好きな人たちとしてきたモノづくり、
イベントづくりに胸を張れる。

私をもう一度迎えてくれてありがとう
出逢ってくれてありがとう
私にくれた時間に
その目に耳に心に
ありがとう

楽に生きなさい、とどれだけ言われようと
不安は迫ってくるし
闘うことでしか自分を認められなくて、

今年やり残したことは?って
やることなんざ山積みで
だけど年末だしね、とひとまず置いて大掃除
磨きまくった、床とか家電とか。

たまに全てを忘れる為なら
大掃除も悪くないね
ゴミの日もう終わってるけどね

私へみんなへ
今年いちねん
よくがんばりましたね

よいお年をお迎えください








メリークリスマス

一年でこの日に一番
私はロマンチストになるのきっと
馬鹿げた願いを今日は心から

世界中の人に
穏やかなクリスマスが訪れますように。

クリスマスカードのつもりで
歌のお届けです
簡単にですが音源制作しました

Happy Xmas
あなたがよいクリスマスを過ごせますように



キリスト教じゃなかろうが
人の手で大袈裟に膨らまされていようが
軽々しく乗っかっちゃいなさいな、
それが愛を伝えるイベントならば。

と、3年前の私が言っていました。



いろいろ上げたけど、やっぱり、
私の中で一番のクリスマスソングは
Happy Xmasなんです

6年前、カバーをテレビで観たとき
なんだこれはって
音楽のひとつの答えを感じたの、
おぼえてる







今日も一層たのしくなってきたっ









ZINE TRIP vol.6

‪マコトさん出展中‬

‪ここ以外では公開しない予定の私の写真も。







狼少年タチバナ



女優の長谷川葉生さんにお誘いいただいて、
舞台『狼少年タチバナ』を観てきた。

やばい。
感動で手が震えて止まらないので
サイゼリヤでワインを飲んでから帰ってる。

葉生さんに一言メッセージをと思ったけれど、
震える手で文字もぐちゃぐちゃだった 笑



音楽で映画と関わりたい気持ちは
『あがきのうた』をきっかけにずっとあるのだけれど、
今回をきっかけに、舞台とも関わりたいと夢を見る。

でもその為には私がもっと表現者として力を付けなきゃ。

今のままじゃ、本当に、恥ずかしい程。

まだ、もっと、動けなくなるくらい。

生の表現、感動ってこういうもんだ。



葉生さんとお会いするのは二度目で、
一度目は『あがきのうた』最終選考上映の場だった北沢タウンホール。
奇しくもその下の階「小劇場 B1」での再会。

空気を呑み込んで目が離せなくなる演技をする方だけれど、
前回もそう、
普通にそこにいるだけでも魅力的でドキドキする



観劇自体もずいぶん久々になってしまったのだけれど、
そういえば何年か前も終演後立ち竦む程の衝撃を受けたのは、舞台だった。
すごいな

グサグサくる脚本、演出、演技。
人格の歪み。
歪みに歪んでぶよぶよした自分にうんざりしていた私に、衝撃。

ありがとうございました




明日、予定通り開催です。
人の時間を頂く上で自分を未熟だとか言っちゃいけないと思ってるけど、
今この時は、非力感を抱いてる。多分、前向きに。

今この時。

10/29(日)
カトリック平塚教会
11:20~11:40

よかったら、来てね。
誰でも入れます




そうだ。もやもや鬱屈しているわりに、
最近大泣きするということがなかった気がする。

喚けよ

生まれ変わりたい って

ああこの歌を作ったときは。
絶望に打ちひしがれながらも音楽が鳴っていた。
喚いてた。

“叶わぬものの多さを知る”




フランス-ブルゴーニュ-ボーヌ

突然ですが、フランスにいます



































告知写真



パスタ食ってるところ撮りたいんすよねー
って言ったら
マコトさんパワーでこうなりました 笑
今までの私を敢えてぶち壊すような
オシャレ感とコメディ感に自分で笑っちゃう
不機嫌とご機嫌



オフショット、
撮影とはいえ
ガチで食ってるダイ
ガチで飲んでる私





撮影

歌を生み出すときは一人ぼっちだけれど
一人ぼっちじゃできないことが
生まれ続けてる

私の誇りは
私に力を貸してくれる素晴らしい人たち
信じられない奇跡のような縁

そして少し自惚れるなら
そんな素晴らしい人たちを動かすことができた
この歌も。

乞うご期待









このカテゴリーに該当する記事はありません。